川柄幸里香のすうせん日記359

バービィ姐さん

家には幕開け、二匹の猫が暮らしていました。とも雑種ですがアメリカンショートヘアのブレンドで茶色の毛髪がぶくぶくの「バービィ」三毛髪猫の「ラヴ」

バービィはそれぞれを猫ではなく完全に人間としています。気品があり調和もあるが

考えが強い猫だ。一方のラヴは、ゆっくりしてあるが一家以外は触らせない超人見インテリジェンス

りの猫でした。(15年齢になった今では解脱の実情に入り、誰でもが触られるようにな

りました)やはり猫界にも相性が有り、年齢も上で姐御皮膚のバービィが後だ。

ラブはしょっちゅうバービィ姐さんを立て、おやつを貰ってもバービィ姐さんが平らげる

まで傍らで見かけをしかし、ジッと待っています。バービィ姐さんは考えも激しく気迫も不明瞭

ないです。生物医院では暴れて注射針を折り、洗濯インターネットに入れられ再チャレンジを

しましたが「シャー??」という威ししながら又、注射針を折り、インターネットまでビリビリに破

戒やるという武勇伝があります。又、狩りも特徴でした。夏は帰宅した私のルームには

沢山のお亡くなりになったトンボ様が横たわっていました。又、又或るお日様には入り口

先にちっちゃなモグラ様が置いてありました。そうして、傍らには十八番げなバービィの何やら

キリリとしたお格好がありました。そういった強気でムーブメント逆鱗の良い子供だったバービィだ

が、猫特有の猫パンチは何十スタートという繰り出しても当たらず、7年齢下のラヴの一発がまことに

バービィの頭にヒットするケアでした。沢山の印象的な記憶を遺し、上何日かで

18歳になる前に静かにブレスを引き取りました。

バービィ、それも猫界の姐御ですか。

http://xn--n8j6d3g9a7ayura2fw353bsy0anzzxr7c.com

Back to Top